ヒゲの脱毛で医師などから厳守とされる事柄は?

ヒゲの脱毛で禁止されていることはヒゲ抜きの使用と体調の悪化です。

ストレスを溜めないようにとも言われます。

なぜなのでしょうか?

〇ヒゲの脱毛は思っているよりデリケートな作業。

ヒゲの脱毛は施術自体、それほどむずかしいものではないようにも思えます。

しかし数ある体毛の中で、もっとも厄介なのがこのヒゲの脱毛処理。

毛根が大きくて頑強なうえ、皮脂腺を焼き切ってしまうには相当なレーザー出力とコントロールが要求されるからです。

そこでヒゲの脱毛の期間中には、「毛抜きを使った処理をしないように」と注意を受けることがあります。

〇レーザー効果・フラッシュ脱毛効果が低下する。

毛抜きを使ってはなぜいけないのかというと、ヒゲの色素に反応して脱毛効果を発揮するエステサロンのフラッシュ脱毛や、医師が用いるレーザー脱毛の効果が半減してしまうからです。

また、ヒゲの脱毛中は「体調管理を万全に」とも言われます。

まさかと思う人も多いでしょうが、仕事や家庭の問題でストレスが溜まっていたり、風邪を引いていたりすると、免疫力が低下して施術痕から雑菌が入り込み、肌トラブルを起こす確率が増えます。

〇たかがヒゲの脱毛ではない。

体毛の1つであるヒゲは、皮下組織とつながっており、注意は怠れません。

ヒゲの脱毛を軽く考えてしまった結果、医師の言いつけを守らずに暮らしてしまい、ケアが思わぬ事態を引き起こすことがあります。

そんなつもりはなかったと言い訳しても、肌トラブルを起こしたのは自分の身体。

正直な反応には言い訳も通用しません。